50代おひとりさまの日々の暮らし 心の膿を絞り出し、にっこり笑って還暦を迎えたい。 
| Login |
ブログ内検索 
2016年02月23日 (火) | 編集 |
2月下旬

朝晩は
まだまだ寒いのだけど

太陽の傾きが
少しだけ高くなったり

羽織るものが
重いコートやダウンコートから
ハーフコートに変わりつつある
こんな時期

どうしても
思い出してしまうのがのこと


7年前のこの時期に


ちょっとした風邪をこじらせて

私に看病されるために
目と鼻の先にある実家からうちに来て

ここで2週間過ごしたあと
病院に入院し
その10日後に亡くなりました。


あっけないの最期でした。



とても温厚な性格で
滅多に怒ることもない
知性溢れる紳士で

我が家には
到底不似合いで
でき過ぎるぐらいできた人間だったのは

私が中学生の時に

私と兄を抱え
必死ながらも
半分荒んだ生活をしていた
シングルマザーの母のもとに

突如
救世主のように現れた
母の再婚相手だったからで

我が家の
血縁ではないからです。


と母は
それぞれの古い家庭を鑑み
生涯事実婚ではあったけれど

そんなのことを
実の親以上に親らしい人だったと

私は今でも
誇りに思ってやみません。



私が高校生の頃
宿題を教えてくれた父

私が多感な時期
横道に反れようとする私に
いつも鶴の一声を浴びせてくれた父

私が離婚する時
元夫に対して
私の父親であることの強さを見せてくれた父

私が離婚した時
私と幼い娘を
大きな懐で包み込んでくれた父

娘の祖父母参観日には
祖父として必ず参観してくれた父

娘のことを
実の孫以上に溺愛してくれた父

娘に読書の楽しみを教えてくれた父

娘が荒れ狂っていた時
娘を諭しながら
私の見方もしてくれた父


私や娘

いや
私が知らないだけで
母や兄も
どれだけ父の世話になっていたか知れず

父がいなくなってから
もうすぐ7年も経つというのに

あぁ


ここに父がいてくれたらとか

こんな時
父だったらなんて言ってくれるだろうかとか

事あるごとに
父に会いたくなる私です。



二度と会えないことは百も承知だけど




スポンサードリンク



今日もクリックで応援していただけると嬉しいです音符 メルヘン の絵文字
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

最後までお読みいただき、ありがとうございますありがとう の絵文字
皆様のしあわせをお祈りしてハート の絵文字   by ミー

<このカテゴリの他の記事>


コメント
この記事へのコメント
No title
こんにちは なんて素晴らしいお父様でしょうか 読ませて頂きとても感動しました 
2016/02/24(水) 13:06:14 | URL | kitty #-[ 編集]
夢であいましょう
こんばんは。
優しくやわらかな追憶ですね。

私の父もこの世にはいません。
だから胸が痛みます。

ただ有難いことに、たまの墓参りを怠ると、
夢にでてきます。




2016/02/24(水) 18:20:20 | URL | ゴリ #-[ 編集]
こんばんは。

素晴らしいお父さんだったんですね。
僕の父もそうでした。
本当に優しい父でした。

人と人の繋がりは血だけではないんですね。
人を思いやる心をお父さんはたくさん持っていたんだ!

きっと今でも、すぐそばでずっと見守っているのでしょうね。

父と重ねてしまって涙が滲んでしまいました。
2016/02/24(水) 19:02:22 | URL | 孝ちゃんのパパ #LRX1993g[ 編集]
こんばんは。

さみしい想い出もあるでしょうが、良きお父様に
恵まれたなと感じます。

また、お父様もミーさんを心強いパートナーと
されていたのだなと感じました。
#日本語が変かもしれませんが、パートナーを
 夫婦に限らずに使用しています。
2016/02/24(水) 21:07:23 | URL | ichan #-[ 編集]
kittyさん こんばんは
コメントありがとうございます!

> こんにちは なんて素晴らしいお父様でしょうか 読ませて頂きとても感動しました 

この父に出会わなかったら
私はどんな人生を歩んでいただろう思うほど
いい影響を与えてくれた人で
感謝してもしきれないぐらい大きな存在でした。

この時期になるといつも父のことを思い出します。
2016/02/24(水) 22:07:55 | URL | ミー #-[ 編集]
ゴリさん こんばんは
コメントありがとうございます !

> ただ有難いことに、たまの墓参りを怠ると、
> 夢にでてきます。

父が亡くなって7年も経つのに
私も時々父の夢を見ます。

元気な頃の父の夢です。

きっと私のことを
今でも見守ってくれているのだと思います。

2016/02/24(水) 22:11:52 | URL | ミー #-[ 編集]
孝ちゃんのパパさん こんばんは
お忙しいのにコメントいただきありがとうございます!

> 人と人の繋がりは血だけではないんですね。
> 人を思いやる心をお父さんはたくさん持っていたんだ!

私は父に出会ってから
血のつながり以上のモノを感じています。

不思議なことに
私の娘は亡くなった父と
誕生日も血液型も同じ

運命的なモノも感じています。

> きっと今でも、すぐそばでずっと見守っているのでしょうね。

はい、そんな気がしてなりません。

> 父と重ねてしまって涙が滲んでしまいました。

孝ちゃんのパパさんのお父様も
お優しい方だったんですね。

きっと、いい思い出でいっぱいなんでしょうね。

優しい人のことは
その優しさをいつまでも忘れることはできません。

心の中で生き続ける思い出は
大切にしたいものです。


2016/02/24(水) 22:24:07 | URL | ミー #-[ 編集]
ichan さん こんばんは
コメントありがとうございます!

> また、お父様もミーさんを心強いパートナーと
> されていたのだなと感じました。

年を取ってからの父は
私を何かと頼りにしてくれました。

できれば
もう少しだけ恩返しがしたかったという
悔いは残っています。

ホントに今更言っても仕方のないことですけど。



2016/02/24(水) 22:32:23 | URL | ミー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する